« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

ついに決めました。ニコンD60

D60blogk_2

前に初写を載せたのはご愛嬌ということで。。。

さんざん迷ったあげくに決めたのはニコンD60

最後はお店に行ってX2とK200Dと実際に触ってみて決めました。

どれも良いカメラで甲乙つけがたかったんだけど、

持った感じがしっくりきたのがD60でした。

それと、アクセサリーコーナーの黄色いNIKONのロゴのストラップが輝いて見えて、

もう、ニコンしかないなって決めました。

さあ、週末が楽しみだぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

初撮り

Funnsui1_125_3
Funsui05blog_2
Funnsui10blog

さっそく写真を撮ってみた。
前からやってみたかったんだけど、シャッタースピードの違いでどんな風に撮れるか、
近くの公園に出かけてやってみた。
上が f/5.6  1/125秒
中が f/32  1/2秒
下が f/32  1/1秒
噴水の表情が違って見える。

スローになるほど柔らかいっていうか、水の表情がやさしくなっていくような気がする。

天候が固い曇りだったので鮮やかさがなくなってしまってが残念だったけど、逆に変な陰が出なかったので良かったかな。

手ブレは1/1秒で目立つけど、私に撮っては上出来!
と言うより、手ブレ補正の優秀なこと。
私にとって、手ブレ補正とオートフォーカスは必需品だな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

DかXさらにKも。。。

さあ、迷った。
どれにしようか。

自分にしては、珍しく迷ってる。

ネットで口コミ情報みても、周りの人に意見を聞いても決められない。

DかXか。。。さらにはKまでも参入してきて、どうにも結論がでない。

迷ってるのはデジ一。

今まではコンパクトデジカメで充分だった(いまでも充分だな。。。)んだけど、
「あなたの街のiPodをみつけよう」に投稿しているうちに写真を撮るのが面白くなって、
すこし本格的に写真が撮ってみたくなった。

かなり昔、フィルムの一眼レフを使ってたことがあって、その時もミノルタのα7700とキャノンのEOS630どちらにするか迷ったな。

結局α−7700にはインテリジェントカードでモードを決定するのが売りで、(標準ついてるのは1、2種類くらいだったか?)ポートレート用やスポーツモード用のカードを買い足す必要があった。
一方、EOS630は本体でモード設定ができた。

その時はカードを買い足す必要の無いEOS630に決めた。

それから約20年の歳月を超えてまた同じように迷ってる。。。。。ミノルタはコニカと一緒になって、カメラはどうしたんだぁぁぁ!

今回はニコンとキャノン。

ニコンの候補はD40レンズキットとD60レンズキット
キャノンの場合はEOS kiss X2レンズキットとEOS kiss Fレンズキット

この4つの中からD60とEOS kiss X2が最終候補に残った。

ほぼ気持ちはライブビュー機能のあるkiss X2に傾いていたが、価格的にやや予算オーバー。

で、最後の一押しをしてもらおうと購入予定の販売店に電話で相談してみた。

まず一眼レフ初心者であることと、手ブレ補正は絶対必要。ストロボ撮影は極力したくない。
などの条件を言ってどっちが良いか聞いてみた。

ライブビューが絶対必要なら、SONYとパナソニックがおすすめだったけど、この2社は個人的にどうしても電気メーカーとしてのイメージが大きくて良いカメラだと分かってはいるけど、候補には入ってこないんだな。

そしたら、店員さんが ペンタックスで良いのがありますよ。K200D。防塵防滴で、このクラス唯一ボディの上に液晶の表示があって、本体に手ブレ補正の機能があってレンズの選択肢が広い。

ペンタックス。。。。といえば。。。
ペンタックス、ペンタックス、ペンタックス、ペンタックス。望遠だよ。ワイドだよ。ペンタックス、ペンタックス、ペンタックス、ペンタックス。
。。。。。数十年の時を超えて(大げさ!)CMが頭によみがえってきた。

このコマーシャルが頭のなかで繰り返されるぅぅぅぅぅ。

このブログを読んで頭の中にペンタックスが繰り返された方、そう!あなたは、私と同世代か私の先輩です。

ちなみに私の頭の中にはモノクロのアニメもよみがえって来てます。


私の頭からペンタックスが離れないぃぃぃ。
X2とD60 で迷ってたのにK200Dも大きな候補になってしまった。

最後にどれにするかは実際にカメラを手に持ったときの感じで決めようと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »